社会科授業のユニバーサルデザイン

学力の優劣や発達障害の有無にかかわらず、すべての子どもが、楽しく「社会的見方・考え方」を働かせながら問題解決できるように、工夫・配慮された通常学級における社会科授業のデザイン


社会科授業のユニバーサルデザインが目指すのは、すべての子どもが社会的な見方・考え方を働かせながら問題解決できるようにすることです。

そのために学習のレベルを下げることはしません。

子どもが抱える困難さと社会科の両面から子どもにとって学びやすい授業デザインを研究しています。

ニュース

2019年07月02日
第2回日本UD学会 社会科部 研究会のお知らせ
2019年06月30日
授業UD多摩7月定例会のお知らせ
2018年11月11日
第1回研究会にご参加くださりありがとうございました。
» 続きを読む